カーディナル52 ・ 152 ベイルスプリング交換


 カーディナル33や3は、復刻されて、パーツも豊富に手に入るが、
52や152は、パーツの入手が困難なので、大事に使いたいですね。


DSC03269_convert_20160520145538.jpg



 でも、33や3と共有できるパーツも有る。
ラインローラーとベイルスプリングは、ほゞ同形状なので使える。

DSC03266_convert_20160520151117.jpg








 滅多に折れる事はないであろう・・・52のベイルスプリング(上段左右)
下段は、市販の33・3用ベイルスプリング。


DSC03258_convert_20160520145615.jpg






 左が33・3用で、右が52・152用

DSC03262_convert_20160520145627.jpg







 ピッタリはまるが、スプリングのL時に曲げられた部位が長すぎて、ベイルマウントスクリューを締めた時に、
スプリングの出っ張りが当たり、内部で擦れてベイルアームの開閉がスムーズにいかないw

DSC03259_convert_20160520145701.jpg






 なので、ニッパーで少しカットして、ヤスリで尖った切断面を均す加工が必要となる。


DSC03263_convert_20160520145647.jpg



 ひと手間加えれば、バチッと気持ち良く跳ね返るベイルアームが出来上り。
これでまた渓流釣行が楽しくなる♪

カーディナル33 メンテ


 去年の秋頃からギアに少しだけガタを感じていたカーディナル33を、メンテナンスついでに、
パーツ取り用のギアと交換した。
25年以上も使い続けたら摩耗もしてしまうでしょう。




(交換する前の写真)
DSC03238_convert_20160209204509.jpg




ドラグ用のフェルトも変形していましたw

DSC03239_convert_20160209204522.jpg





 組み上げてハンドルを空回しするだけでは、実際のギアの感触が解らないので、
フィールドテストがてらブラックバスを狙ったが、
寒バスは見る事さえ出来ず(T_T)
おかげで、ウォームギアの感触だけに専念が出来た寒い午後となりました。



P2090414aa+(3)_convert_20160209204608.jpg








 次回は、スタッグカスタムかな。

DSC03240_convert_20160209213528.jpg

 

カーディナル3のウッドノブを、ちょっとリメイク。


 最近、夜中に目が覚めてしまい、それから朝までぐっすりと寝れませんw
だから昼間に睡魔が襲ってきます(/ω\)








カーディナル用のウッドノブを自分仕様に改良しました。
 つまんだ時の指の感触が、しっくりこなかったウッドノブを違和感が無いように削る事に。

DSC03121_convert_20151026090458.jpg

 ヤスリで粗削り
これは、花梨紅白でカーディナル44用の少し大きなノブです。

DSC03120_convert_20151026090512.jpg





 こちらは、33用の神代メープル。

DSC03118_convert_20151026090416.jpg

 両サイド中央部と角を削り、人差し指でノブを抱きかかえやすくしてホールド性を高めました。

DSC03117_convert_20151026090444.jpg


 サンドペーパーで形成していく。

DSC03123_convert_20151026090815.jpg

 削りかすをキレイに拭き取り、コーティングの準備。

DSC03124_convert_20151026090841.jpg


 花梨は油性二スで、メープルはウッドオイルで簡易なコーティング。

DSC03126_convert_20151026090908.jpg




 メープルノブを、もっとブラウン系に染めたかったけど、ウッドオイルだけでは染めきれなかったので、
ヘアーカラーで好みの濃さに仕上げる(笑)

DSC03127_convert_20151026090922.jpg


 15分の早染だが、5分も経てば、すぐに黒くなり始めたので、慌てて拭き取る事に・・・


DSC03129_convert_20151026090955.jpg


 木目も出ているし、僕的にはストイックで良い感じ!

DSC03130_convert_20151026091013.jpg




 それで、仕上げのコーティングは、エポキシ系のツルッピカな表面にしようと思ったけど止めました。
これは、以前にツルッピカにリメイクしたアンリパのSVプレミアウッドノブ・・・原型をとどめていませんw

DSC03149_convert_20151026091347.jpg





 ザラザラとした塗装が良いのじゃないかと気になり、試してみた。
以前に購入していたウレタンコートのスプレーが有ったので、吹き付け距離を通常よりも遠く離して、
噴霧の粒子がノブに付着後、すぐに乾きやすくする。

DSC03141_convert_20151026091308.jpg



 数回に分けて吹き付け、細かなブツブツの表面になり、指をつまんだ時のグリップ感が良い感じに。

DSC03142_convert_20151026091321.jpg



 艶やザラツキも想像どおりの、エンボス塗装風に仕上がりました。

DSC03145_convert_20151026091334.jpg


 とりあえず、菅釣りで試してみたいな~

PA261342_convert_20151026145353.jpg



カーディナルスプールの下巻き。


 今までナイロンラインの場合は、100ydか100mを使用していたが、経費削減のために300m巻に替えた。
75m毎にマーキング付のラインだったので、それに伴いスプールも75m巻に変更をする。
下巻きの嵩増しには、この黒いラインを愛用している。


DSC03083_convert_20150817170920.jpg






 昔のような、カーディナルのライントラブル続出は無いので、スプールに目一杯巻けちゃうょ!


DSC03085_convert_20150817170936.jpg






本日の釣果



お盆明け、激流の早朝にて・・・

P8281304_convert_20150817170847.jpg

カーディナル3ベアリングドラグシステムを組み込んでみた。


 なんか梅雨みたいな日々が続いておりますね。

b_convert_20150405221850.jpg



 カーディナル3用のベアリングドラグシステムとやらをネットで見つけて、ポチッとやってしまった。
残念ながら、IOSファクトリーさんのC-systemでは有りませんが、パーツはほぼ同じものだと思います。
シャフトや偏芯カムなどが無くて、C-systemを簡素化したものです。

 ボディーへのハメ込みにはコツが有り、キッチキチなので、マイナスドライバーを使って無理やり押し込む感じ。
組み込み後にドラグ調整してみたら、かなりドラグを締め込んで、ゆるゆるから一気に締まってしまうので調整幅が狭いw
僕は、シビアな調整を必要としないので、別にいぃけど~
ドラグバーのプレートを使わない(入らない)ので、ウレタンフォームを加工して隙間を詰めて、
ほんの少しだけ調整幅を広げてみた。
ノーマルよりも、ちょっとだけ滑り出しが良いって感じやね。

d_convert_20150405221919.jpg









 早速実釣で試してみたくなり、ドラグを鳴らすヤツを妄想しながら入渓したが、手のひらサイズが時折ヒットする程度・・・
唯一アワセの時に、かすかにジィと鳴らしてくれたコイツで本日は終了。





a_convert_20150405221711.jpg
≪PREVNEXT≫
プロフィール

cami

Author:cami
和歌山県在住
太平洋に囲まれながら、
海より川が好きなルアーマン

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ぽっちっと
天気予想
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

 ★気軽にどうぞ~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
地域別アクセス解析

ジオターゲティング
タイドグラフ
QRコード
QRコード