鹿角プライヤー完成



以前に作成した鹿角の先端を使ったプライヤーは、イマイチ使いにくかった。
角先の部位は、グリップのホールド感が良くないし、もしも転倒した時に先端が危ないでしょ。

DSC02879_convert_20141031165155.jpg

だから改良品を作ってみました。


今回カスタムするのは、スミス社の千円前後の安物で、以前からの愛用品だ。
クニペックスなんて高価なプライヤーを使うに似合うサカナは、僕には釣れないから安物で十分なんだ。

DSC02875_convert_20141031165037.jpg



そんな訳で、ウッドグリップと同じ作成方法で、鹿角の枝を二つ割りにする作業から開始する。



DSC02880_convert_20141031165212.jpg

紫檀をグリップ元に接着した後・・・・・・・・ひたすら根気よく、グリップ芯がぴったりハマるように溝堀を繰り返す。

a_convert_20141104210657.jpg

e_convert_20141104210822.jpg

現物合わせを繰り返し、やっとぴったりはめ込めました。

DSC02918_convert_20141220155532.jpg

エポキシ系接着剤を隙間にたっぷり流し込んで接着。

DSC02919_convert_20141220155629.jpg



DSC02920_convert_20141220163626.jpg

研磨整形で、好みのグリップ形状に仕上げていく。

DSC02930_convert_20141220155756.jpg










a_convert_20141203165859.jpg

ウッドオイルの浸透を繰り返して、耐久性の向上と鹿角を研磨して真っ白になった角の表面に、ほんの少し色を付ける。

更にセルロースセメントで表面を補強する。

DSC02941_convert_20141220165338.jpg







DSC02939_convert_20141220155836.jpg

飾りのターコイズに大きく穴をあけて、紛失防止用に三つ編みした蝋引き紐に通す。
今までは、革紐を愛用していたけど、耐久性が無いので切れやすいから止めました。

c_convert_20141220160258.jpg

ターコイズ・・・災難除けらしいけど、水に弱いらしいw





まぁどうにか完成!

a_convert_20141220160152.jpg

コレで来年は、せっせと 真っ直ぐに泳がないミノーのアイチューニングをするのだ~!(笑)

それが一番多用する使い道。

b_convert_20141220160233.jpg


これで今年のブログは終わりかな?

仕事が年末ギリギリまで激務なのですが、もう既に体力の限界です~w



 
スポンサーサイト

トラックバック

URL :

プロフィール

cami

Author:cami
和歌山県在住
太平洋に囲まれながら、
海より川が好きなルアーマン

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ぽっちっと
天気予想
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

 ★気軽にどうぞ~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
地域別アクセス解析

ジオターゲティング
タイドグラフ
QRコード
QRコード