「最後のチャンスに最後の望み」

z_convert_20121001155330.jpg





東や北の方面では、厳つい顔した鼻曲がりのヤマメやイワナが釣れている。
しかも、婚姻色がはっきり出ている個体も見受けられる。
いわゆる、“秋鱒”ってヤツですなぁ~
実に羨ましい。

こちら紀州は、南国なので、アマゴの婚姻色がはっきり表れるのは10月以降の事・・・
大型になれば、成熟が早く、顔ツキが変わってくるが、
それでも婚姻色がはっきりと現れる前に、禁漁になってしまう。

東や北に負けじと肩を張りあう気は無いが、それに近いヤツを釣ってみたい!
秋鱒って呼べるサイズのアマゴは無理だけど、本流で今期最後の30cmUpと、
源流で小さくても立派に成熟した、鼻曲がりの雄アマゴを狙ってみたくなった!



釣れるであろうと想定しているポイントとして、
※「遡行困難な大岩が点在しているポイントなら30cmUpが残っている可能性が有る。」
※「奥渓の暗黒な時谷で、成熟の早い個体を狙う!」
  標高が高くて陽の当らない深い谷なら、成熟するのも早いはず。
  20cm級の雄アマゴでも顔が尖り、精悍な顔ツキになっている事もある。


そんなハードで欲張りな、二ヶ所の釣行プランを考えた。


何時もは、妻に釣行先を事細かく告げないが、今回の奥渓は難所で危険を伴うので、
地図を広げ入渓する区間を説明した。
説明しても妻は、何処かも解っていないが、マーキングしていればもしもの時は、なんとかなるだろうw





タックルも渓流の規模に合わせ、各2セットを用意した。

l_convert_20121001031501.jpg



秋冷えの朝一は、大岩がゴロゴロなロック帯で30cmUpアマゴを狙う!

014_convert_20120928190141.jpg


開始早々に・・・

手ごたえのある抵抗感!
暴れる!

「ヨッシャ~」っと思ったが、30cmを超えているか微妙
見た目で30cm以下は、いちいちメジャーで計らず手尺なのだが、
コイツの大人びた容姿に魅了され勘が鈍る。

実測29.5cm  5㎜足りないw  たった5㎜されど5㎜ 
渓魚に関しては、29と30では意味合いが違う。

しかし、そんな事に関係なく、男前になりつつあるアマゴでした!



b_convert_20121001030251.jpg


一発目に偶然こんなヤツが出たものだから、テンションも上がり、期待を込めてキャストするが、
たまにヒットするのは、ノンキーパーサイズばかり。
必要以上に時間を費やしてしまった。

最後に、24cm位の良型が出てくれたので満足して、この流れに見切りをつけれた。
c_convert_20121001030400.jpg









奥渓へとひたすら移動し、時間的に11時30分。
カップラーメンで昼食休憩しようと思ったが、帰りの時間を逆算すると時間が足りなくなるかも?
頭の中は、これから入渓するポイントのイメージばかりで、先へと急ぐ思いが出てしまう。
お茶だけを飲み、出発!

干上がった谷底を永遠と歩く・・・
やっと流れの音が聞こえてきた。
汗だくだった顔を、岩間から流れ落ちる清水で洗うと、全身の汗が一気に引いた。

以前のままだと、そこには桃源が存在するはず!?


途切れた流れが現れ出した浅い瀬から、もう答えが出た!
フローティングミノーをバコッと咥えたが、喰い損ねw
もう一度、キャスト!!
派手に追う「バコッ」
恐れを知らぬのか、飢えているのか、出方が違うね!


152_convert_20121001033016.jpg



最後なのに、今年一番に魚影が濃い。
楽しめる!


d_convert_20121001030507.jpg


夢中になり、キャストを繰り返す。
たまに、幼い顔した稚魚も釣れるが、ヌメリ感の強くなった秋色の良型がヒットする。

e_convert_20121001030620.jpg





22~3cmでも精悍な顔に尖ってきている!

g_convert_20121001030838.jpg





根気比べ、知恵比べで、10投目にやっとヒットしてくれたコイツも面白かった!

f_convert_20121001030717.jpg


夢中になり過ぎ、時間の経つのも忘れ、あっという間に15時になってしまったw
ノンキーサイズも合わせれば、20匹以上はヒットしただろう。
やはり最後の頼みの桃源峡だ!

n_convert_20121001031551.jpg


安全面を考えると、そろそろ早い目に引き帰らないと・・・



もう少し遡行すれば、これ以上は遡れない絶壁がある。
そこまでやって帰ろうと決めた。



手前が浅くなってしまったが、絶好の瀞なのだ!



手前に距離を置き、4ft4inでも張りの有るロッドにスプーンを結び、ロングキャスト!


一回目は反応無し。
暗い水面に木陰が映り込み、アマゴが追ってくる様子の確認はできない。


二回目・・・
少しカウントして、アクションを入れながら巻く。

突然!引っ手繰られ、ロッドがバッドから曲がる!
無意識にアワセているが、もうグイグイ引っ張られている!

「何が何だかビックリ!?」

リアドラグを少し緩め、慎重に寄せてくる。
浅くなった手前でバシャバシャ暴れる!
「バレルな!」「切れるな!」
必死でお願いしたw

ランディングネットを背中から外したけど、ネットインする自信が無い。
焦る焦る~

手前の浅岸に誘導し、ランディングネットで、すくうのではなく、覆い被せた(汗)


正直、嬉しさよりも、驚きの感情が強い。
最後の最後にウソの様なホントの話、自分で信じられへんw
本流で30cmUpは容易いが、奥渓での30cmUpは、ご無沙汰だった。
昔に比べ、もう・・・大物を育てる環境が乏しいもんね。
僕にとっては心に残る、貴重な一匹に出会えた。

001_convert_20121021160938.jpg


今期最後の、グラマーな彼女を撮りまくる。

h_convert_20121001031210.jpg

アイシャドーが濃い彼女のお腹には、沢山の卵を蓄えているようだった。
元の流れに戻し、桃源峡がいつまでも絶えない事を願う。
k_convert_20121001031408.jpg
                                                    32cm






もと来た渓谷を慎重に下り、車止めに着く。

16時30分、退渓にはやや早いが、もう心残りは無い。

ウェーダーを脱ぎパイプイスに座り、しばしの休憩する。

「気持ちよく疲れた~」

遠くの稜線を目で辿り、今日出会ったアマゴ達を思い出す・・・

015_convert_20120928200221.jpg

ノンアルコールをプシュっと空け、広葉樹の森に乾杯する。
この山奥深い広葉樹の森が渓魚達を守ってくれた。
紀伊山地の奥深い山々よ!ありがとう!


スポンサーサイト

この記事へのコメント

- gijie.angler - 2012年10月01日 18:50:50

v-424パチパチパチv-425

オイラもそんな最後を狙ってたのにぃ~~

一発目のアマゴ最高じゃないっすか!!
やっぱり秋鱒・・・
憧れ鱒よねぇ~~

>gijie.angler さん、こんにちは。 - cami - 2012年10月02日 10:16:37

拍手ありがとうございます。

“運”っすよ!
一発目の雄、最後の雌・・・予想外の釣果にビックリしてます。

管釣りが始まりますね。ロック・サクラ・・・楽しんで下さい!

お疲れ様です! - コークスクリュー - 2012年10月02日 21:00:35

貴重な紀伊山地の原種尺上アマゴですね!
脂鰭師にとっては国宝級ではないのでしょうか!!

脱帽 - 神田 - 2012年10月02日 23:05:58

 ひたすtら脱帽です。
 でも、「かあったら戻ってこれない」という絶望的な恐怖感、孤独感、緊張というのは独特ですね。
 さりとて、二人、三人で行くものでもなし。
 また来年もよろしく。

>コークスクリュー くん、まいど~ - cami - 2012年10月02日 23:24:55

さっきメールで、やりとりしたとおり、台風前の気圧変化に伴う“荒食い”かも知れんね!?
同じ日に釣行してたなら、一緒に行ったら良かったね!
またメッキで宜しく頼みます!

>原種尺上アマゴ・・・
バビッタわ(笑)
また次に出会えるのは何年後かなw

>神田 さん、こんばんは。 - cami - 2012年10月02日 23:56:09

もし、二人で行って友人が滑落し、最悪な事態になったら、その責任は?っと思うと・・・
一人の方が気楽です。
山で遭難して、一人だけ生き残ったなんてニュースを聞くと、何時もそう思ってしまいます。
まぁ~無理は禁物ってのを、痛いほど身にしみているので、安全第一でヘズリってます。
少し重たい内容になりましたが、神田さんの故郷でも、このサイズなら10年前は普通に釣れました。
こちらこそ、来シーズンも宜しくお願いします。

- wataru - 2012年10月03日 01:20:20

狙いどうりの最終釣行おめでとうございます♪
それにしても凄い釣果ですね。。。。。
これなら心置きなく禁漁を迎える事が出来ますね♪
お疲れ様でした。

祝 - 快釣 - 2012年10月03日 06:47:26

トラウトお疲れ様でした。
最後に良い渓魚に出会えたこと自分のように嬉しく思います。

何事も情熱を注ぐことが大切だと痛感しました。
来春もお互い思い出に残る魚に出会えることを願っています。

あ~っ、羨ましい(笑)

>wataruさん、こんにちは。 - cami - 2012年10月03日 09:17:52

狙いどうり以上の結果にビックリしています。
欲を言えば、サツキマスの鼻曲がり婚姻色を釣りたかったのですが(爆)

やっと寝不足から解放される~

お疲れ様でした。

>快釣さん、こんにちは。 - cami - 2012年10月03日 09:34:31

ありがとうございます。
意地と運で、良い最終日となりました。

10月からは、汽水域の小物狙いで遊びます。

また来年、そちらでは伊予鱒、こちらではノボリ、お互いに頑張りましょう。

- ISONBO - 2012年10月04日 00:22:51

おおぉ、素晴らしい釣果ですやん。

最後の最後で大爆発とは。いやまさに爆釣ですね。
「終わり良ければ」でいいシーズンだったんじゃないですか?

奥渓には20cmくらいのしか居ないって思い込んでましたよ。
やっぱり色んなフィールド知ってないとダメですね。
自分は最後に行きたくなるような川が思い浮かばなかったので
中途半端に終わってしまいましたから。

やっぱり!! - K? - 2012年10月04日 01:19:45

思ったとおり

ほんまに流石です!

マヂデ尊敬します。

いいなぁ~僕は来年頑張ります!

- mckee - 2012年10月04日 05:00:08

こん○○は(昼夜兼用)

最後の最後に素晴らしいアマゴです!
簡単には出会う事の出来ない素晴らしい魚体ですね^^

本当に、「心地よい疲れ」だったと思います。羨ましいです^^

UKです。ありえねーと叫んでいます。 - UK - 2012年10月04日 10:10:11

UKです。そんな、ありえねーと叫んでいます。
でも、camiさんならやるだろうなあとも思いつつ、腕なんでしょうね。。
スプーンを使うというのも・・・うーん。
ミノーだけが釣りじゃないんだなあと考えてしまいますね。

>ISONBOさん、まいどです~ - cami - 2012年10月04日 12:21:02

全体的に、一日通してアマゴの活性が高かったので釣りやすかったです。

ここは、最後の砦として、めったやたらと行かないようにしています。
奥渓でも、魚影が濃く、エサが豊富で、釣り人が少なければ、大型にまで成長します。
もうそんなフィールドって極限られた一部にしかないですけどねw

そんな桃源峡を探し求めるのも面白いですょ!

>K? さん、こんにちは。 - cami - 2012年10月04日 12:54:40

たまたまの偶然っちゅ~うやつですよぉ~

四万十川は魅力的な河川です!
また来シーズン、お互いに頑張りましょう!

>mckeeさん、こん○○は。 - cami - 2012年10月04日 13:11:07

自然相手に、理想が現実になるのは嬉しい事です。
今年の運を、もうすべて使い果たしてしまったような!?

朝から夕方まで神経を集中し、そのうち疲れが“ハイ”になっていましたw

>UK さん、こんにちは。 - cami - 2012年10月04日 13:24:26

「ありえねぇ~」っと思っているのは、当の本人もそうです(笑)

スプーンとミノー(S・F)を状況によって小まめに使い分ければ釣果はかなりアップします。
時として、スプーンには魅力と威力があります。
たまには使ってみるのも面白いかと・・・
ミノーと同じ使い方で十分に通用します。

UKです。ヘビーシンキングミノーのトゥイッチが今は流行ですが・・・・ - UK - 2012年10月05日 20:48:36

ヘビーシンキングミノーのトゥイッチが今は流行ですが、そこを本来はスプーンでやっていたんですもんね。去年、ルーハージェンセンのハスルアーをタックルボックスを整理していると1個あってあったんだっけ?と思い釣りに持っていったんですよ。底を流す釣りで小さいヤマメが釣れたんです。ミノーだけが釣りじゃないなあとしみじみ思ったんですよね。。
鱒の森でスピナーでアマゴを釣っているというのがあったんですが、スピナーと言えば自分が初めてルアーで釣ったのがイワナでしたからね。
たまに変わったことすると目の前が開けることありますよね。。

- jetpapa - 2012年10月06日 20:05:27

 凄い!
 痺れる!
 紀伊の渓の懐の深さを見せてもらいました。
 グラマー!
 別嬪!
 なんて形容したら良いんでしょうか!
 こんなのを釣ってみたいです。

>>UK さん、こんばんは。 - cami - 2012年10月07日 22:32:25

僕は、スプーンがメインの釣行時期が経験的に、一番長いので、スプーンの良さがピカイチだと思います。
(管釣りのスプーンは超苦手ですけどw)

>jetpapa さん、こんばんは。 - cami - 2012年10月08日 02:55:17

天然の別嬪さんに出会えて嬉しかったです~
釣った時は、何が何だか驚きました。
最終日の最後に感動を貰えて、とっても幸せです。

トラックバック

URL :

プロフィール

cami

Author:cami
和歌山県在住
太平洋に囲まれながら、
海より川が好きなルアーマン

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ぽっちっと
天気予想
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

 ★気軽にどうぞ~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
地域別アクセス解析

ジオターゲティング
タイドグラフ
QRコード
QRコード