2012渓流解禁を前に想う・・・

002_convert_20120214214952.jpg


紀伊山地を流れの源とする河川にもアマゴの解禁が近付いております。

今年の渓流解禁はどうなんでしょう!?

去年の台風12号の被災で、初夏に放流されたアマゴの稚魚たちは生き残っているのだろうか!?

淵と呼ばれる様な場所がほとんど無くなり、浅瀬ばかりで、天敵に襲われる事無く、無事に生き残れるだろうか!?



でも、まだまだ素晴しい環境が残っている場所も有る。

成魚放流には頼らない事により、毎年早春から素晴しいコンディションの機敏なアマゴたちが顔を出してくれる。

そう きっと今年も・・・



僕なりの予想では、アマゴの稚魚たちは、もちろん生き残ってはいるが数は少ないと思う。

でも 数が少ないと言う事は、稚魚たちのテリトリーも広くなり、一匹あたりの餌の捕食率も高くなり、成長が早いのではないだろうか!

今年は、いつもの年よりもひと回り大きなアマゴ、そしてサツキマスが期待できそうな気がします。

その一匹と出会うのが難しいのですが、夢を膨らまそうではないか!

ポジティブな考えで行きましょう!
スポンサーサイト

トラックバック

URL :

プロフィール

cami

Author:cami
和歌山県在住
太平洋に囲まれながら、
海より川が好きなルアーマン

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ぽっちっと
天気予想
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

 ★気軽にどうぞ~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
地域別アクセス解析

ジオターゲティング
タイドグラフ
QRコード
QRコード