ねむの木の花が咲く頃

005_convert_20090714155228.jpg  この時期のアマゴ釣りには、2通りの選択がある、1つは、本流アマゴの一発大物狙いである。しかし、なかなか釣れない       2つ目は、山岳渓流でのチビアマゴの数釣りである。
本流アマゴの釣りは、早朝の2時間を省き、暑さとアユ師の多さとの戦いである。
上流部の釣りは、アブ・ヒル・ダニ・クモの巣との戦いである。
僕はどちらも、それほど苦にならないが、上流部のチビアマゴは、秋まで楽しみに置いといて、夢と期待を乗せて、本流の大物アマゴを探し求める・・・・でも、釣れないですね! 4月・5月までは、30㎝前後のアマゴが良く釣れたのに、何処に行ってしまったのだ
そんな釣れない状態で、気が焦っているとき、山の斜面に咲いている、ねむの木の花が心和ませてくれる。
この花が散れば、少しの間だけ、釣りは毎年お休みしています。
 




001_convert_20090714155421.jpg 本日の結果        このサイズの チビアマゴ2匹



Megaceryle lugubさんの真似をしました。パクリです。
こちらの方言でアカブトと言います。
コイツらだけ活性高いですょ!普段は淀みで泳いでるのに、瀬や淵頭に入っているからね!
002_convert_20090714155534.jpg

003_convert_20090714155628.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- Megaceryle lugub - 2009年07月15日 23:59:43

こんばんは。
紀伊ではアカブトって言うののですね。カワムツは北関東では稀な魚で生息域は限られています。
正確にはヌマムツなんですけどね。
19歳の時、オイカワのフライフィッシングで釣ったのがこの魚との出合いでした。
埼玉では簡単に釣れていたトラウトですが、九州では僕の釣りたい下流域には生息数が少なく苦戦しています。更に上流を目差せば居ることはわかっていても、誰よりも下流の本流で釣りたいってわがままが原因なのです。

- cami - 2009年07月16日 22:32:54

>Megaceryle lugub さま、こんばんは。
紀伊地方では、レッドべりーのみを、アカブトと言い、♀や、小物は、”ハイタン”と呼ばれています。  生息数が、多過ぎて邪魔者扱いされている、かわいそうな魚です。

トラックバック

URL :

プロフィール

cami

Author:cami
和歌山県在住
太平洋に囲まれながら、
海より川が好きなルアーマン

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ぽっちっと
天気予想
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

 ★気軽にどうぞ~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
地域別アクセス解析

ジオターゲティング
タイドグラフ
QRコード
QRコード