彼岸&悲願のアマゴ

昨夜から待望の雨が今朝まで降り続いた。

やや渇水気味だった川には恵みの雨である。
個人的にはもう少し降ってほしかったのだが、自然相手に不満は言えない。

k_convert_20100916154831.jpg 暑さ寒さも彼岸まで・・・


先日、気になる源流に初入渓をし、アブラハヤの集中攻撃に合いボーズをくらってしまった。

今日の雨でアマゴの活性が上がり、アブラハヤの大群を押しのけ、
釣れてくれるのじゃないかと期待を込めてリベンジの釣行だ!

車の高度計は標高650Mを指している。
この場所は幾つもの堰堤や連らなる滝を越えた源流域。
紀伊山地の渓流の中でも、かなり標高が高く、釣りが出来る限界の流域である。

z_convert_20100916153724.jpg 先日の淵の色と水量

f_convert_20100916154408.jpg 本日の淵の色と水量
水量が増し、水の色が琥珀色になっている。
落ち葉が堆積し腐葉土となり、流れ出した色なのだろう。




この滝の上は落差が激しく釣りが困難で、入渓場所からこの滝壷までの約800mがポイント。

e_convert_20100916154311.jpg

この終点の滝壷に辿り着くまで、またしても大変苦労しました。

干乾びていた入渓地点の淵にも流れが戻り、アマゴが降りて来たのか、1匹確認出来たが、
またしても(笑)・・・アブラハヤの方がテンション高くルアーに群がってくる。

アマゴはルアーに対して遠慮しがちである。


d_convert_20100916154214.jpg

丹念に探り釣り上るがアマゴが出て来ない。

x_convert_20100916154941.jpg

アブラハヤ50匹に対してアマゴ1匹の割合!?

a_convert_20100916153902.jpg

一つのルアーに10匹位群がってくる。入れ食いとはこの事!

アブラハヤって何でこんな源流にまで生息しているのだろうか?

コレも杣人が放したのだろうか!?


たまに浅場に定位しているアマゴや、追いかけてくるアマゴを確認できるが活性が低くダメだ!

今日もダメかと諦めかけていたが、意地とプライドが諦めさせない!


小さな落ち込みでピックアップ寸前にチャンスがきた!


『ガバッ』っとミノーを押さえ込む!


ほんの一瞬タイミングがズレたら釣れていなかっただろう。



b_convert_20100916154001.jpg

この厳しい狭い環境で育ったせいだろうか、痩せている。

黒点が少なく朱点が大きく多い個体だった。別の水系の杣人のアマゴとはまた違う。

c_convert_20100916154053.jpg

22cmだったが、この1匹のおかげで、尺物を狙っている時とはまた違う充実感が得られた。
謙虚に立派に生きながらえているように思える。


g_convert_20100916154527.jpg





苔はふわふわの絨毯みたい。

h_convert_20100916154647.jpg


最近マイブームの組み合わせ。
滑らか過ぎるカーディナル33ロケット

i_convert_20100916154740.jpg
雨が上がり陽が差してきた。
森林の中の木漏れ日がまぶしく感じて気持ちいぃ!

また一つお気に入りのフィールドが増えた。
来年の今頃、また来ようと決めた!
スポンサーサイト

この記事へのコメント

お晩です!! - gijie.angler - 2010年09月16日 20:41:42

苦労の甲斐もむなしく
アブラハヤの猛攻
ごくろうさまでした!!

しかし毎年思うことが
この時期の渓魚は何処へ~~

- スコップマン - 2010年09月17日 00:09:45

彼岸花が咲くころまで渓流釣りが出来るなんて

羨ましいです

UKです。私信メール返信ありがとうございます。 - UK - 2010年09月17日 01:16:17

そうですか、
ウザイと思われていたかなあと感じていましたので、
安心いたしました。ありがとうございます。
尺アマゴもいいですが、
こういう背中までが朱点がちりばめられたアマゴ大好きなんですよ。
たまに釣れますよね。
メジャーな川なのでここで書きますが、
新潟県の魚野川のイワナは側面の斑点が黄色ですが、
地方によって側面の斑点が赤や朱色の川もありますね。
ここのところ固有の色を持った魚が少なくなっていると言われていますが、いいですね。

因みに竿は? - 熊谷のPB2 - 2010年09月17日 19:27:28

camiさん、こんばんは。アブラッパヤ凄いんですね。かいくぐってアマゴに至難の技ですね!
ところで、その竿は?

>gijie.angler さん、お晩です。 - cami - 2010年09月18日 03:49:51

アブラハヤは競い合うかのように群がって来ます!
ルアーにポーズ(ストップ)を付けたら最後っ!もう喰いついてます。

春先にあんなに居てた魚達は何処に行ったのでしょう?
釣りきられてしまったか、死滅したのか!?

>スコップマンさん、コメントありがとうございます。 - cami - 2010年09月18日 04:02:03

今年は彼岸花が咲くのが遅かったです。
猛暑だったのが原因なんでしょうかね~

昔はアマゴも多かったから、釣るのに苦労はしなかったのですが、
今は足で稼ぐ釣りを延々としないと釣れなくなりましたw

>UK さん、こんばんは。 - cami - 2010年09月18日 04:27:32

コメント、いつでも歓迎します、お気軽に・・・

養殖物の放流(種)が入り混じり、特徴を持たないのが多いですね。
それと、疑似銀毛したアマゴが多くなり、
パーマークがはっきり見えるアマゴが少なくなりましたw

>熊谷のPB2 さん、こんばんは。 - cami - 2010年09月18日 05:05:57

この谷のアブラッパヤは強敵です!
緩い流れにも沢山付いているので、アマゴの定位するポイントを占領しています。
小さなアマゴが、ルアーを追いかけてきますが、
アブラッパヤの群れの後ろを付いてきてます(汗)

ロッドはテンリュウのプロセットトラウト4ft4inです。
2g~4gのウエイトキャパなのですが、意外とロッドに張りが有り、
キャストがしやすく、フッキングも楽ちん、尺前後でも余裕でやりとり出来るので気に入ってます。

- qazzle - 2010年09月19日 23:14:47

こんばんは。

良い渓相ですね~
こんなところにもアブラハヤが居るとは驚きです。
アブラハヤ50にアマゴ1、そんな中でもアマゴを出すとは流石です。

私ならアブラハヤ連発で釣りにはならないでしょう。
でも、外道の入れ食いもたまには。(笑)



>qazzle さん、こんにちは。 - cami - 2010年09月20日 10:43:17

アブラハヤのせいでボーズをくらった前回が悔しくて、意地になりました。
アブラハヤが釣れる度に焦りを感じながら一時は諦めも・・・

この1匹はすごく嬉しかったです。

- wataru - 2010年09月21日 20:39:21

アブラッパヤこんな渓相でも居るんですね。。。。(汗)
川によって居る所は鬼のように群れていますが、そういうとこはパスしてます。

>wataruさん、こんばんは。 - cami - 2010年09月21日 21:58:39

アブラッパヤは、この地方では上流に行けばいくほど濃いくなります。
場所によってはアブラッパヤ100%なんて沢も有ります。
もしかして、上流域で生息数が一番多いのはアブラッパヤかも知れませんw(苦笑)

トラックバック

URL :

プロフィール

cami

Author:cami
和歌山県在住
太平洋に囲まれながら、
海より川が好きなルアーマン

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ぽっちっと
天気予想
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

 ★気軽にどうぞ~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
地域別アクセス解析

ジオターゲティング
タイドグラフ
QRコード
QRコード