アマゴの匹数狙いか、本流一発狙い、どちらを優先しようか?

今期最後の渓流釣行に行って来ました。
29日と30日お昼までの1日半、悔いの無い釣行でした。

浪漫を求め本流の大アマゴ1発狙いか? 小さくてもいぃからバコバコ釣りまくるか?
どちらを優先させるか、悩んだあげく、後者の数釣りを優先させました。
(本音はボーズを避けた逃げの体制をキープ)

だが、この時期、盛期の様に何匹もヒットさせるのは難しい事です。
気難しくなって2回目は反応しない事が多く、派手なアクションは逆に逃げられてしまう、
スレていたり、アマゴも捕りきられ数少ない。

だから今回は少々遠くても、標高が高く入渓困難な渓谷を選びだした。
もちろん林道が通っているが、
林道から渓谷までが遠く離れたあまり人の入らない上流域なのです。

やっとの思いで辿り着いた渓谷は、2日前に降った明け方の大雨で水量はベストな状態。

q_convert_20100930161018.jpg


この渓流も源流域の林道開発で土砂で埋まりかかっているのが心配だが、
入渓後すぐに18cm位のアマゴが元気に飛び出してきた!

このサイズがポンポン飛び出してくる。

r_convert_20100930161117.jpg



20cm前後でも立派に成熟し精悍な顔つきをしている。

i_convert_20100930160608.jpg

o_convert_20100930160757.jpg



秋アマゴはヒレが鮮やかである。

u_convert_201009<br />30161321.jpg

a_convert_20100930160417.jpg


上流域の秋アマゴは痩せているのが多いが、
たまにヒットする砲弾ボディーは小気味良いファイトを楽しませてくれる。
p_convert_20100930160858.jpg

t_convert_20100930161223.jpg



小さくても婚姻色が出始めている。♀23cm

y+(2)_convert_20100930161459.jpg

約20匹はヒットしただろうか、思い通りの結果と美しいアマゴに出合え満足だった。







翌朝は、ボーズ覚悟の本流大アマゴ狙いに朝だけ挑戦!

釣友も一緒に釣りがしたいとの事で、途中で参加し、2人で丹念に狙うが結局ボーズに終わる。

でもなぜか、もう充分と云う気持ちが強かった。

w_convert_20100930161413.jpg



今年もお世話になりました。

サツキマス・シラメ・アマゴ・イワナ
それと、お友達のアブラッパヤ・ウグイ・カワムツさん達ありがとう!

川の恵みに感謝!<(_ _)>


e_convert_20100930160516.jpg


やっと終わった、これで寝不足から解放される~
スポンサーサイト
NEXT≫
プロフィール

cami

Author:cami
和歌山県在住
太平洋に囲まれながら、
海より川が好きなルアーマン

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ぽっちっと
天気予想
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

 ★気軽にどうぞ~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
地域別アクセス解析

ジオターゲティング
タイドグラフ
QRコード
QRコード