FC2ブログ

ZEBCO Cardinal3ファーストのジャンク品をリメイク。

ZEBCO Cardinal3ロケットベイル(ジャンク品)を手に入れたのだが、部品取り用のままで保管しておく
のは、もったいないと思い、再生させた。
特徴のロケットベイルは、カーディナル3に装着してしまっているので、
代わりに3のベイルアームを取り付け、交換し合いする。

10_convert_20100724191257.jpg 1974製


分解してパーツを洗浄する。

1_convert_20100712171249.jpg


使えないパーツは、ラインローラー側のベイルマウントが割れているのと、
ネームプレートが外れて紛失している。
トリップレバーとローターとの相性が悪いのか?いまいちローターブレーキが効かない事。

幸いにも復刻33のパーツがオリジナルにも代用出来る箇所(部位)だったので
復刻物に交換する。

f_convert_20100724161648.jpg



厄介なのは、コネクティングリンクを約2.5mm押し広げて、平行巻きどころか
逆テーパー巻き仕様にされていた。
おかげでスプールが干渉し過ぎてハンドルが回らなく、使い物にならない。

ペンチの溝に挟みじわじわ力を加え、1.5mm戻し、標準よりも1mm長くする。
意外にこの縦方向でも、すんなり曲げれたが、ミリ単位の力加減が難しく何回か調整し直す。

3_convert_20100712171502.jpg

フランス製?ベアリングはそのまま使えそうなので注油のみ。
コネクティングリンクもペンチで挟んだ傷跡が付いたが、ジャンク品と割り切りそれでヨシ!
2_convert_20100712171330.jpg



4_convert_20100712171708.jpg
部品取り用の復刻33から、シールやネームプレートを物色する。
6_convert_20100712171812.jpg

両面テープで張り付ける。

7_convert_20100712171914.jpg



完成!! 使えるリールとして甦る!


11_convert_20100712172238.jpg

だがしかし!!


前回の釣行までこの33を使っていたのだが、何か物足りないw
33や3はもう所有しているので、同じ物が何台も有っても仕方が無い。

渓流でこのリールを巻きながら考えた

所詮はジャンク品なので、好みの色に変えてみようと思いつく・・・
でも少しもったいないかな?と思いつつも塗装の工程に進む。

e_convert_20100724161558.jpg

フットの欠けも、この際に面取りする。

d_convert_20100724161512.jpg


塗装って意外に奥深さが有る事を思い知るw

OHULSさん、アドバイスありがとう!

c_convert_20100724161418.jpg

理想では黒艶消しにしたかった。

黒の33と云えばレアな33CDLが有るじゃなか

でも、あれって黒に金具はゴールドでしょ! 趣味的に・・・

あくまでも個人的な見解で、「33CDLオーナーの方すみません」

黒のセルシオにゴールドメッキのエンブレムやモールを付けているみたいな感じでしょ!?


やはり無難にシルバーが似合いかと・・・



a_convert_20100724161233.jpg

次回の釣行からコレをしばらく使います。

h_convert_20100724161830.jpg
≪PREVNEXT≫
プロフィール

cami

Author:cami
和歌山県在住
太平洋に囲まれながら、
海より川が好きなルアーマン
インスタグラムは、
リンクからお入りください!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ぽっちっと
天気予想
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

 ★気軽にどうぞ~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
地域別アクセス解析

ジオターゲティング
タイドグラフ
QRコード
QRコード