梅雨の合間のドピーカン (熊野川支流にて)

前日の天気予報では「曇り、ところにより雨」となっていた。

もうシーズン終盤の熊野川サツキマス(ノボリ)釣行プランを立てていたので、
ラッキーな条件だと思っていたのだが・・・ 




本流は連日の雨の増水で困難だと予想していたので、支流に入る事を決めていた。

063_convert_20100628195913.jpg




支流の朝一は、霧が立ち込め、しかも気温が高く、湿気むんむんで汗が出る気候だった。

a_convert_20100628194112.jpg


朝6時で、気温25度・水温17.5度

水温は最適なのだが、かなり湿気が高いのだろう、蒸し暑い! それさえ我慢すれば、

水量多いが、濁りなく期待出来る条件なのだ!

圧しが強い流れなので、今回は本流用サツキタックルをそのまま流用した。


b_convert_20100628194246.jpg





霧が晴れると  ドピーカン!

たまに吹く風は、なま温く感じる。





2か所程攻めて、無反応だったので、次のポイントの大淵に移動する。

大淵からルアーを追ってくる魚体が見えたが、激しくチェイスするでもなく後ろをすう~っと付いてくる。
カモフラージュなグリーンバックになっているので解りにくいが、偏光グラス越しに確認できる。
足元まで追ってきたので、細かいシェイクをかけ、咥えるのを見てアワセるが、
気が焦ってしまったのだろう、タイミングが早く、フックをかすめてスッポ抜け。
バラシたにも関わらず、目の前で激しくバシャバシャと、まるでフックが刺さっているかの様に
暴れている。
数秒間のたうち回り、淵へと消えて行った。

40㎝は無いが、それに近い魚体だった。トホッ

このままではブログネタが無くなるぅ(笑)(汗)

ただひたすらキャストを打つべし!

もう10時を過ぎ、 は真上に上がっている。ジリジリ暑い。

でもしかし、ただひたすらキャストを繰り返し打つべし!!





かなり水深のあるポイントでルアーをキャストすると・・・

『ゴンッ』で・・・テンション軽くなる?

また~バ・ラ・シ~かぁ~



あれ!れ~~



リールを巻けば、テンション掛かり、ドラグがジリっとでた!



『ヒットしたぁ?』



底の流れが水面に押し上がる波でヒットしたので、魚体が押し上げられ、
一瞬テンションが軽くなったのだ。

幅広な魚体なので、その後しっかりとファイトしてくれた33㎝。

写真では見えにくいが、うっすらとパーマークが見えるアマゴマス系。

もっと大きいと思ったのだが、サイズ的には意外と小さかった。


時計を見ると12時ジャスト!

ドピーカンで、しかも正午のラッキーな出来事だった!


d_convert_20100628195207.jpg

今回も40Upにはお目にかかれなかったが、梅雨の時期がもたらした恵みに感謝なのです!

c_convert_20100628194410.jpg
スポンサーサイト
NEXT≫
プロフィール

cami

Author:cami
和歌山県在住
太平洋に囲まれながら、
海より川が好きなルアーマン

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ぽっちっと
天気予想
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

 ★気軽にどうぞ~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
地域別アクセス解析

ジオターゲティング
タイドグラフ
QRコード
QRコード